コレステロール値を下げるために普段の食事に

高くなりつつあるコレステロールを気にかけて、毎日の生活を見直すことでコレステロールを減らす方法はないものかと、思い悩んでいる人は意外と多いようです。コレステロール値を下げるために病院で処方された薬を飲んだり、サプリメントを摂っている人もいます。薬やサプリメントに頼らずとも、日頃の食事や規則正しい生活習慣によりコレステロール値を下げることも可能です。どんな食事をとることで、コレステロールを減らす効果が得られるのかは、色々な方法があります。まずはコレステロール値を上げる原因となる食品を摂取することをできる限り控える必要があります。魚の卵、鶏の卵はいずれも高コレステロール食材なので、くれぐれも食べ過ぎないようにします。食事の内容を決める時には、コレステロールを下げる食べ物をこまめに使うようにします。コレステロール値、特に悪玉コレステロールを下げる効果がある食べ物として有名なものが、サバやサンマ、イワシなどの青魚です。青魚には、DHAやEPAという栄養素が多く含まれており、これらは悪玉コレステロールを減らす作用があります。ビタミンEや、食物繊維の多い食べ物を食べることでも、コレステロールを下げることが可能です。アルコールの摂取を控えて、糖質や脂質の多い食事から、野菜類や海藻を多く摂ることができる和食に切り替えるようにしましょう。毎日の食事の内容を見直して、体にいいものを偏りなく食べることが、コレステロールを下げることにつながります。

コメントは受け付けていません。